2008年3月22日土曜日

Diigo入門:まずはユーザ登録しよう!

このDiigo入門のラベルでは、Diigoを始めて使う方が英語を読めなくても、一通りの機能を使えるようになるまでの手順を書いていきたいと思います。

DiigoはWeb上の登録制サービスですので、ユーザ登録が必要です。まずは、DiigoトップページのJoin Nowと書かれているボタンをクリックしてください。登録画面が表示されます。

WS000011

WS000007

  • Choose a Username:
    • ログインする時に使うユーザ名を決めます。カーソルが離れるときに、赤い文字が出たら何かおかしい(既に使われているか、使えない記号が入っている)ということですので、違う名前で登録しましょう。
    • 6文字から16文字で、大文字小文字も判定対象となりますので、注意。
    • -は使えました。
  • First name/Last name:
    • 名と姓を入れます。ここで入れた名前は後でも変更できますが、結構いろんなところに出てきますので、プライバシーを守りたい場合は最初からニックネームなどにしておいた方がよいかもしれません。
  • Email:
    • 登録するメールアドレスを入力します。一度登録に使ったアドレスは使用できません。また、メールアドレスの確認がありますので、(当たり前ですが)受信できるアドレスを入力します。
  • Choose a Password/Retype a Password:
    • 両方に同じパスワードを入力してください。6文字から32文字で大文字小文字が区別されますので、注意。
  • 黄色のボックスの数字の前の入力欄:
    • 黄色のボックスの中の数字を入力します。
  • チェックボックス:
    • サイトの案内などを送ってくるかどうかを選択します。チェック無しなら送ってきません。
  • Continueボタン:
    • クリックして次に進みます。

ここまで進めば、後は修正できますので、適当に入力しておいてもOKです(その次の画面で、終わってもOK)。

登録したメールアドレスに登録確認メールが届いていると思いますので、URLのところをクリックして登録を完了させましょう。

WS000009

Dashboard画面が表示されますので、最低限Basic Informationのところを埋めて、Save Changesボタンをクリックすれば、登録作業は完了です。

  • First name/Last name:
    • 名と姓を入れます。
  • Gender:
    • Male(男)かFemale(女)かを選択します。
  • Birthday:
    • 月・日・年の順に選びます。

あとはLocationのCountry:(国)くらいはJapanにしておいた方がよいでしょう。

WS000010

0 件のコメント: